お立ちよりありがとうございます。
こちらのブログは、散歩で見つけたあれこれを、不定期更新しています。
出かけた先の風景や植物や漂着物の中で心惹かれたものを中心に記事にしています。


ブログのスタイルシートの編集は、Internet Explorerで制作しています。
その他のブラウザだと表示が崩れるかも?? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お気に召されましたら、ポチっとクリック募金よろしくネ(*^ー^)ノ
クリックで救える命がある。



オウムガイ

オウムの横顔に似た貝殻だからオウムガイと言うそうです。
化石でしか会えないアンモナイトが生きていた時代からずーっと同じ形のオウムガイ。

オウムガイ


オウムガイが生き残ってアンモナイトが絶滅したのはその螺旋の性質の差異にすぎないと。。。
小説で夢枕獏が語っていたのですが、その小説の題名が思い出せません。
『上弦の月を喰べる獅子』それとも『月に呼ばれて海より如来る』だったのか……。
たぶんそのどちらかだと思うのだけれども、もう一度読み直さなくちゃ思い出せそうもありません。

オウムガイランプ

2010.07.03.蒲郡ファンタジー館


もうしばらくしたら過ごしやすい秋の夜長になります。
つらつらと読み返してみるのもよさそう(*^.^*)
関連記事


お気に召されましたら、ポチっとクリック募金よろしくネ(*^ー^)ノ
クリックで救える命がある。



【テーマ:◆◆貝殻◆◆】【ジャンル:ライフ

【タグ:巻貝 貝殻 オウムガイ

comment

⇒ たこぶね  byのとくうこ (URL)  at2010-09-06 18:31 X

普通に生息してるようですが見たことがありません・・たこぶね

タツノオトシゴを捕獲したときは想像より格段に小さかったのでちょっと拍子抜けでした。

海にもナマズがいるんだ・・・と知らずにゴンズイを飼っていたことがあります。

海サボテンが大量に漂着したこともありました。

海は面白く不思議で神秘的です。

⇒   byShige (URL)  at2010-09-06 18:42 X

これって、ただのオウムガイじゃなく、ヒロベソオウムガイじゃないですか!
日本でも南西諸島の一部では漂着しいているようですが・・・!

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-07 20:01 X

タコブネやアオイガイは、日本海側のが多いようですね^^
ゴンズイを飼っていて、さされたりしなかったでしょうか?!
タツノオトシゴを水族館で見たとき思ったよりも小さくて私もえ?っと、
思った事が有ります。
山育ちの私にとって海の生き物って、不思議なものが多くて楽しいです。

⇒ Shigeさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-07 20:08 X

螺旋が見えるタイプのオウムガイは魅力的な形をしていると感じます。
この写真は表記し忘れましたが、貝のファンタジー館のものです。

日本でも南西諸島では打ち上げられているんですね。
そんな話を聞くと日本って島国の割に南北に広いんだなと思ってみたりします。

⇒ 魚のいない水族館  byのとくうこ (URL)  at2010-09-07 23:08 X

隣町の富来には貝を展示する施設があります。
この内容でいいなら私の在庫でできるぞ・・・と思った(笑)
半島方面へ出向く際には立ち寄ってみてください。
JAFの割引対象施設だったような・・・

隣接する道の駅には日本一長い(今はランク落ち)ベンチがあります。
目の前の砂浜はサクラガイの宝庫です!

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-08 21:34 X

小さな貝殻で有名な浜、増穂浦屁行く途中のことですが、
日本一長いベンチが有る場所を通っていったような記憶が有ります。
その時はベンチよりも海岸で早くベニガイを拾いたい気持ちでいっぱいだったので、何気に通り過ぎてしまいました(〃∇〃)

貝を展示する施設には興味津津です。
能登半島の先端にまでいつか言ってみたいと思っています。
その時にはその施設を覗いてみたく思います(#⌒∇⌒#)
桜貝の宝庫の浜にもいつか寄ってみたいです(o^-')b

⇒ 半島  byのとくうこ (URL)  at2010-09-12 20:20 X

能登半島地震の影響でいまだに自由に立ち入り出来ない箇所もありますが・・
季節風が強まる前に是非お越しください。
でないと・・・車が錆びてしまいます(笑)

バイク通勤のときは意味もなく先端経由コースだったりします。
先端へお出向きの際には二三味珈琲を味わってみてください。

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-13 23:31 X

なかなか日本海側へまで足を延ばすことがかなわないのですが、機会があったらぜひ寄らせていただきたいと思ってます。
増穂浦でサクラガイやベニガイを拾いな、噂の二三味珈琲をのむのも素敵ですよね。
そういえば、能登半島の観光パンフレットに、寒くなるほどに桜貝もベニガイも赤く染まると書かれていましたが、実際のところはどうなのでしょう?
寒くなると子供のほっぺ最赤くなるみたいなものかしら?
なんて。。。実はずーっと気になっているのでした(#⌒∇⌒#)ゞ

⇒ いろいろないろ  byのとくうこ (URL)  at2010-09-16 09:49 X

気温ほど海水温は変動しないでしょうから色彩との関係はないと思いますが・・
むしろ食べ物でしょうね。

テカアワビをやってみると分かりますが、冬季部分は赤くなり年輪のような模様を作ります。
3年ものですと、小中大と相似形3個のアワビが並ぶような感じです。
夏季と冬季では食べるものが違うのか、単に栄養状態が悪いのか、正確なところは分かりませんが・・・

半島は外側沿岸を北上しますと、赤神というところがあります。
海岸部の岩が火星のような様相です。
かなり北上して珠洲へ入ると垂水の滝から真浦にかけては緑色になります。
そこから更に北上して片岩を超えたあたりの一角は再び赤色になります。

建設廃材のコンクリ片を捨ててるのかと思うくらい、礫岩が散乱してますが、天然物です。

更に北上すればゴジラ岩と二三味がございます!

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-16 22:47 X

食べ物の色が殻の色に影響するんですね。
そういえばフラミンゴのあの羽の色も食べ物から色素を供給し続けないと、白くなってしまうんだとか……。
冬場のベニガイはさらに赤くなる何かを摂取してるのかもですね。

海岸自体が緑がかって見えたり、赤みがかって見えたり……
なんだか神秘的です。
ゴジラ岩には興味津津です(*^.^*)

⇒ 海岸探索  byのとくうこ (URL)  at2010-09-19 14:27 X

昨日は「ツールド能登」で自転車軍団で賑わっていた国道。
久しぶりに富来へ寄ってみたら自転車の数に圧倒されて素通り・・
今日は「千枚田」でイベントがあったようで国道は大渋滞でした。
ま、バイクなので関係ありませんが・・

先ほど、ここ数年くらいは人が入ってないと思われる海岸を捜索。
大人の握りこぶし大のツメタガイをはじめ、多数の巨大巻貝が散乱・・
そして・・・バレーボール大のガラス球を発見!!

持ち帰るには危険と思われる、落下傘の絵が描いてあるハングル文字の信号弾みたいなのがありましたが・・・我慢(爆)

なお、車で出向く際には金属探知機がお供です!

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-21 05:30 X

ここ数年人が入っていないと感じさせる浜があること自体うらやましい限りにございます。
大人の握りこぶし大のツメタガイ!
そうそう見かけないサイズです!
バレーボール代のガラス玉の発見おめでとうございます。
金属探知機を使ったことが無い私、いったい何に使うのか見当もつきませんが。。。
危険物を見つけるためでしょうか?

⇒ 探知機  byのとくうこ (URL)  at2010-09-22 06:39 X

もともとは雪の中から鍵を探すために用意したのですが・・
海での稼働率のほうが高いです。
でも発見するのは金属ゴミばかり・・・
あっ・・一度だけ10円玉を1枚ゲットしたことが。。。

お宝ビーチ(勝手命名)はその後何度も捜索。
不思議なことにどの貝も欠けがほとんどありません。
普段なら見向きもしない貝も回収・・

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-23 17:26 X

欠け無し貝殻が多いなんて、まさにお宝ビーチにございます(o^-')b
欠けたり削れたりもエージングとして、味わいの一つなのでしょうが……。
ボロじゃない貝殻はやはり美しいですから(*^.^*)

雪の中からカギを探すための金属探知機?!
雪が多い地域ならではのアイテムにございますね^^
海水浴をする海岸でスト小銭が結構落ちているもので……。
錆びが浮き始めた500円硬貨を拾ったこともあります(*v.v)。

⇒ 海  byのとくうこ (URL)  at2010-09-24 08:16 X

いまだに
「大陸へ転送」
伝説が根強く残る地なので、海岸で怪しい動きをしていると通報されることがあります。
過去に2回、見上げるとパトカーが・・・ということがありました。

「何獲ってんだ?」
「サザエ(を撮ってる)」
じゃないけど、話せば分かるのですが・・・

人気のない海岸部での行動は遠巻きには怪しく見えるのでしょうね・・

そういえば、鉄製の浮き球を拾いました。
もちろん錆だらけですが、何で鉄製なのかが分かりません・・

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-25 00:06 X

確かに人の気配が滅多にない場所を、
歩きまわっている人がいると……
怪しく見えちゃいますよね。

大陸に転送……昔風に言えば、
神隠しでございましょうか?
神隠しにあわないように、
ビーチコーミングの際は、前後左右上下にご注意くださいね^^

鉄製の浮きですか?
それって浮きタイプの何か危ないものじゃ??
もしくは危ないものをぶら下げ、流されたとか……?
想像力がたくましくなってしまいます(*゚ー゚)ゞ

⇒ 雑談  byのとくうこ (URL)  at2010-09-26 19:16 X

読めそうで読めない文字を解読する目的で始めた韓国語。
もし麻袋に投入されて転送される側になったとき、荷主の会話が理解できてしまうのは恐怖であり絶望的だなぁ~と思うこともありました(苦笑)

表面が錆だらけの鉄球・・
磨いたら綺麗になるだろうなと回収しましたが、ちょっと怖くなってきました。
差し上げましょうか?

今年の海歩きでもっとも感動的だったのがコカコーラの1リットル瓶との出会いでした。
店に持っていったら30円もらえるかも・・・
当時は500ccでもホームサイズだったのに今では・・・

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-28 00:28 X

いまだに日本海側では神隠しにあうのでしょうか?
最近、拉致被害者のニュースをとんと耳にしなくなったことに気が付きました。
このまま風化させたくはない問題ですよね。

鉄製の浮玉はみたことが無いので、みていたいですけど、
海岸で拾ってくるものは貝殻とシ―グラスがメインですので……(^^ゞ
コカコーラの1リットル瓶ですか?!
今となっては貴重な硝子瓶ですよね^^

これから大陸からの寄りものが増える日本海、
楽しみであり危険もありと言ったところでしょうか?
面白いものがあがったらぜひ紹介くださいませ^^

⇒ 木  byのとくうこ (URL)  at2010-09-28 06:16 X

流木なんかも面白いと思います。
関西ナンバーの車があると品定めしてる姿を見ることがあります。
そういえば・・謎の木造船(明らかに日本製でない)がありました。
日没後は冒険的入国者が日常的に国内観光をしているのかもしれません(恐)

⇒   byとおこ (URL)  at2010-09-28 14:39 X

>のとくうこさん

領土問題で神経質になっているこの時期、
その謎の木造船、警察に伝えたほうがいいのでは?!
もし本当に謎の外国人がそこから上陸していたとしたら、
怖くて海岸散歩もできないんじゃないかしら……(;^ω^A

流木の中にはイイ感じにカラカラになっているものが有りますよね。
磨いて楽しむ趣味はありませんけれど、
からからに乾いて白くなった流木の微妙な曲線は、
ちょっぴり気になるところです^^

⇒ 舳倉島  byのとくうこ (URL)  at2010-09-29 07:52 X

半島沖50キロに位置する離島。
途中に「七ツ島」と呼ばれる群島がありますが上陸できません。
※地形的ではなく規制的制限
我々には宝の島かもしれません・・

で、舳倉島。
ココも忘れがちですがお勧めスポットです。
観光客の大半は鳥が目当てです。

別室に画像がありますが、半島の高台からですと灯光を見ることが出来ます!

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-09-29 18:10 X

規制されていて上陸できない島の海岸は魅力的ですね^^
地理にとんと疎い私は舳倉島を知りませんが、
小島の海岸に寄せるモノってどんなものが有るのか興味深いです。

別室・・・?
夜。。半島の高台から灯台を見下ろす、ロマンチックですね。

⇒ 半島北部  byのとくうこ (URL)  at2010-09-29 19:17 X

地図をよ~く見ていただくと分かるのですが、平野で山が分断されています。
分断する国道のおかげで、本州の山としては異例だと思いますが、半島北部には熊がおりません。
なのでどの季節であろうとも山は自由に行けます。
狸や狐は当たり前のように見かけますが猿は見たことがありません。

冬になる前に是非探検してみてください。
お泊りは「ランプの宿」がオススメです!

⇒ のとくうこさんへ  byとおこ (URL)  at2010-10-01 01:12 X

安心して山登りができる地域なんですね^^
うちの田舎はいつのころからか猿や鹿まで出るようになり、
田んぼや畑に網や電流が流れるコードが張り巡らされています。

ランプの宿なんてあるんですか?
なんだか山小屋風のペンションを想像致します。
きっと素敵なんでしょうねぇ~。
非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
Blogpeople.







お役立ちリンク
タグクラウドとサーチ

> tags
浜名湖 ビーチコーミング フェリー ハスノハカシパン ヤシの実 伊良湖 カタツムリ ダウニー ウミケムシ ウサギ ヒトデ 砂浜 ダンベイキサゴ タマキガイ 渥美 新居 ネズミガイ? ミゾガイ フィギア フジツボ 2枚貝 貝殻 ギンギョ イトマキヒトデ カエルアンコウ 漂着物 イザリウオ カボチャ カワニナ 琵琶湖 ナガタニシ ヒメタニシ 黄色 キノコ 豊田市 細長い サクラガイ ベニガイ 雪豹 ユキヒョウ ホシキヌタ 御前崎 欠片 ブンブクの欠片 ブンブク 巻貝 ウズラミヤシロガイ 白化 シマミクリガイ 二枚貝 ヤチヨノハナガイ ハナガサクラゲ アリソガイ カズラガイ ヒガイ ナガカズラガイ ボタン 陶器 海岸 イイダコ カメノテ 亀の骨 クリフレイシガイ イイダコの卵 新潟 オゼマイマイ シーボルトコギセル ラベンダー海岸 糸魚川市 新潟県 イルカ アカチン 夕暮れ コレクションボックス 恋矢 幸田 卵塊 橋杭 串本 マグロ丼 フグ ウミウシ 和歌山県 サンゴ アラムシロ ヤマグルマガイ ピンノ カニ ハツユキダカラ エビスガイ 50円 西浦 ビーチ コイン ハナビラダカラ キイロダカラ 浜干物 ケブカアワツブガニモドキ ベランダガーデン グンバイヒルガオ 写真 YouTube 浜辺の歌 軍配昼顔 独り言 鳥の死骸 オウムガイ コバンザメ 硝子浮玉 ヤナギシボリダカラ タカラガイ クレポリメイト 柳絞宝 カイダコ アオイガイ サンゴヤドリガイ科 シロキキョウニシ 表浜 カエル浮き 海月 カツオノエボシ カツオノカンムリ 長靴 空き缶 ハマヒルガオ ツメタガイ グーグルマップ 海亀保護区 フリーGIF オモイガケナマイマイ GIFアニメ 酒瓶 ライター オイル缶 エボシガイ 電球 長野県 中綱湖 淡水海綿 ヌマカイメン お地蔵さま オオケマイマイ 浜松 ガーデニング ヒモサボテン 植物園 モダマ ウメボシイソギンチャク ヒザラガイ カサガイ 海綿 ハマボウフウ 砂茶わん スナチャワン 小さな貝殻 海岸散歩 アラムシロガイ 佃煮 アナジャコ 愛知 ウミガメの骨 タマキビ ムラサキガイ イタヤガイ ウチヤマタマツバキ 脱出劇 夜磯 小魚 海藻 カイカムリ ウニ メダカラ クモヒトデ アメフラシ 水族館 海中公園 ホラガイ 海水浴場 モミジガイ ワスレガイ リュウキュウアサガオ ナバナ エイ シマミクリ ミクリガイ コロモガイ 漂着種子 玩具 カメ ファビコン表示タグ 設置の仕方 ファビコン サドル 蒲郡 ワスレガイ亜科 マルスダレガイ科 マルスダレガイ超科 忘貝 イトカケガイ科 ネジガイ ネズミノテガイ科 イタヤガイ超科 鼠の手 ネズミノテ オオシイノミガイ超科 ミスガイ ミスガイ科 オミナエシダカラ タカラガイ科 女郎花宝 シクラメン ベランダ マツボックリ ネズミガイ ハマグリ フリーク 推理 検索フレーズ アクセス解析 顛末 アカニシ 犬? 頭蓋骨 ビワガイ 子猫 里親募集 三毛猫 チリボタン ウラシマ かき揚げ 由比 沖あがり 浜のかきあげや 桜えび 三毛 静岡 ブックカバー シュシュ ハンドメイド カミスジタカラ 髪筋宝 楊梅 ニシキウズ科 ナツモモ ウキダカラ パンダ 浮標宝 テズルモズル 動画 タコ カシパン イカの甲 ヤツデヒトデ クリーム フリル 微小貝 細小法螺 イササボラ ヤツシロガイ超科 フジツガイ科 ツマムラサキメダカラ ウグイスガイ超科 ウグイスガイ科 ウグイスガイ 鶯貝 ウニカラ イエロー ナガウニ ピンク ツブツブ お土産貝 金魚貝 ザルガイ科 キンギョ ザルガイ超科 忘れ白玉貝 マキガイ ワスレシラタマガイ クルマガイ超科 ナワメグルマ クルマガイ科 ゴマフタマガイ バイガイ ベンガルバイ アニマル柄 お土産屋さんの貝殻 白い貝殻 携帯カメラ デジタルカメラ ツグチガイ モザイカルチャー世界博2009 シマウミスズメ 潮岬 壊れたカメラ 波飛沫 サラサバイ ニシキウズ超科 リュウテンサザエ科 カメムシ 刈谷ハイウェイオアシス カバザクラ ニッコウガイ超科 ニッコウガイ科 コハクガイ 医療廃棄物 浮き玉 危険ゴミ ハマゴウ スズメバチ 浜ライター 灯台 ニホンマイマイ 伊良湖岬 護岸の散歩道 タコツボ 台風18号の爪痕 台風一過 ナデシコガイ 薬莢 バナナ プチバック 麻紐 ブレスレット ハナマルユキ ネコガイ 前浜 モーターパラグライダー サーファー マテガイ トゲモミジ 海鳥 漂着ゴミ ウミソーメン ホトトギス 鳳来寺山 ヒガンバナ アザミ オキナガイ モスソガイ 黒化イタヤガイ チョウセンハマグリ カタクチイワシ ミドリイガイ アズマニシキ ミオツクシ 遠州灘 モネの睡蓮 ガマの穂 ボート モネの池 ガーデンパーク フレンチマリーゴールド サルスベリ ケイトウ クレマチス ハナムグリ ムクゲ ヒャクニチソウ フーリンブッソウゲ 百日草 秋明菊 綿の花 オミナエシ 女郎花 コリウス ミヤコワスレ コスモス ユパトリウム カマキリ 曼珠沙華 散歩 葦毛湿原 ノリウツギ シラタマホシグサ ミズギボウシ ミミカキグサ サギソウ 豊橋 路面電車 カエル浮玉 砂茶碗 ガザミ キンセンガニ 少年時代 ハマアザミ 中国製ペットボトル 散牡丹 ナマコ クラゲ イシバシウミウサギ 石橋海兎 ウミウサギ タカラガイ超科 ウミウサギ科 和歌山 山野草 キンギョガイ ギンギョガイ スルガテンナンショウ ギンリョウソウ キヌガサガイ オオクマサカガイ 絹笠貝 クマカアガイ科 熊坂貝 ランポウ玉 植木鉢 エビスガイ亜科 オキナエビス超科 ニシキウズガイ科 オキナエビス科 ベニオキナエビス オキナガイ科 翁貝 ソトオリガイ 衣通り貝 ハチノコキセル 砥鹿神社 奥宮 本宮山 津口貝 ザクロガイ シラタマガイ科 ハナヅトガイ超科 イジンノユメハマグリ キノコダマ スベスベマンジュウガイ ピュアホワイト コマツヨイグサ カコボラ ハマダイコン 桜淵 新城 黒いイモガイ イモガイ エージング カエルウキ オレンジ色の貝 タイラギ 帽子 トウカムリ科 ビワガイ科 向山 手作り ハルリンドウ ショウジョウバカマ オタマジャクシ 編み物 ガラス浮玉 ガラスの浮玉 敦賀 アンケート ミカドミクリ ミオツクシガイ オオマテガイ ヤツシロガイ グリムス ヤドカリ 大量打ち上げ アコメガイ イモガイ超科 イモガイ科 阿古女貝 向山緑地梅林園 カメラ 思いのまま 紅梅 レイシガイ 豊川 梅の花 赤塚山公園 鶯宿 grmz カワハギ 泥岩 花香実鶯宿 向山緑地公園 白梅 薔薇 浜名湖ガーデンパーク ミモザ デイジー バラ マガキガイ 煮つけ スイショウガイ科 ピンピンガイ チャンバラガイ 流木 アタミザクラ タコノマクラ 鳥羽水族館 イチゴナツモモ

関連サイト
Thank you.


ランキングに参加しています。お気に召されましたらポチっと応援よろしくネ(*^ー^)ノ



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
FC2ブログランキング
人気ブログランキングへ






AYAPON RSS
気になる本など。。

gallery


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。